毛穴が全開なら適切な対処方法を知っておこう

女性

期間がポイント

レディー

保湿ケアを重視しましょう

赤ちゃんの肌に出来たブツブツや赤み。時期が来れば収まる乳児湿疹であればまだしも、アトピーだったらどうしようと悩んでいる方も居るかもしれません。その上これらは見た目症状共によく似ていているため、ぱっと見ただけでは医師であっても見分けるのは困難だと言われています。ではこの二つはどのようにして区別すればいいのでしょうか。ポイントとなるのは期間です。一歳程度になると収まる乳児湿疹とは違い、アトピーはこの年齢になれば良くなるという目安がありません。その反面良くなったり悪くなったりを繰り返すという傾向があります。このような特徴を踏まえ、乳児の場合には概ね二ヶ月以上症状が続いた場合にアトピーであると判断されるケースが多いようです。しかしアトピーと診断されても悲観することはありません。成人のアトピーとは違い、赤ちゃんのアトピーは対処法さえ間違わなければ完治を目指せるのですから。その対処法とは肌を乾燥させないことと、皮膚の状態を悪化させる要因を取り除いてあげることです。乾燥を防ぐには乳児でも使用可能になっている刺激の少ないローション等の化粧品で保湿をし、肌が常に潤った状態を保つ必要があります。肌のバリア機能を高めてあげれば、自然と状態も上向いていきます。また保湿ケアを行うことはアトピーの予防にも繋がります。赤ちゃんの肌がかさついているのに気づいたら、こまめにローションを塗布してあげるようにしてください。アレルギーの要因がわかっていればそれを取り除いたり、かきむしってしまわないよう赤ちゃんの爪を短く保つことも大切です。適切にケアしてアトピーの症状を改善するようにしましょう。

Copyright © 2017 毛穴が全開なら適切な対処方法を知っておこう All Rights Reserved.